きれいのタマゴ ホーム > カラー > カラーコーディネーターのお仕事とは?

カラーコーディネーターのイラスト
Work Guide
カラーコーディネーターのお仕事とは?

配色のバランスを整えることに加え、色の持つ意味を意識して色を組み合わせるのがカラーコーディネーターの仕事。楽しくなる色や注意を促す色など、目的に応じた配色を行います。
配色によって物の価値が変化するので、建物やその内装、洋服、商品など、あらゆる分野でカラーコーディネーターの活躍の場が広がっています。

カラーコーディネーターのイラスト
仕事内容1:流行色の調査

流行色を把握することもカラーコーディネーターの仕事のひとつです。コレクションなどでの色使いや、ベースカラーなど、流行の先駆けとなる色を意識する必要があります。
また、その時代の空気やキーワードに相応したカラーを認識して、カラーコーディネートに取り入れるのも重要。たとえば“癒し”が流行る時代であれば、落ち着いた暖色の色使いを用いるという感じです。

仕事内容2:色彩の提案

カラーコーディネーターは、デザイナーではないので、好みの色やセンスだけで色を決めるわけではないのです。色の持つ意味や具体的な効果も踏まえて配色を行います。色に関する体系的な知識を持ち、その意味を説明できるからこそからこそ商品開発などの現場で、カラーコーディネーターの意見が重要となるのです。商品のターゲットとなる年代、ニーズなど考慮し、最も商品価値の高まる色使い、色彩を考える仕事なのです。

仕事内容3:パーソナルカラーの提案

アメリカ大統領の演説などではカラーコーディネーターがつき、聴衆に好まれるネクタイや洋服の色を決めるそう。それほど、人の印象は色に左右されるということです。このような個人に対する色彩調整の仕事を、“パーソナルカラーコーディネート”と呼びます。その人にあった色彩を、洋服、ヘアメイクに至るまで配色し、魅力を最大限に引き出し、イメージを高める仕事です。今後はさらに需要が増えることでしょう。


カラーコーディネーターになるには?求められる能力は?

インテリアの写真色彩に関するセンスは重要ですが、それと同様に、色彩から受ける印象や効果などの知識を学び、それを論理的に説明できる能力が必要です。
資格としては、「ファッションコーディネート色彩能力検定」「カラーコーディネーター検定試験」などがの民間資格があります。カラーコーディネーターでなくとも、これらの色彩に関する資格を持っていることで、服飾やインテリア、デザイン、企業広報などの仕事をする上で有利となることもあります。

カラーコーディネーターになりたいと思ったら
講座を検索
カラーの通学講座を探す カラーの通信講座を探す