きれいのタマゴ ホーム > カラー > カラー Q&A

カラーQ&A

カラーを活かした仕事って何があるの?

色彩の特性を正しく理解し最も効果的な配色やデザイン等を指導する、カラーコーディネーターが代表的です。色彩の魅力を引き出し、企業での商品開発・販売における色選びや住宅や各種店鋪のインテリア、町全体の色彩環境を提案するスペシャリストです。色に関する知識・技術を問う色彩検定は、カラーコーディネーターにとって必須資格の一つ。ファッションやインテリアなど、色彩に関わる職種の人は、ぜひとも修得したいスキルです。(呼び名は異なりますが、カラリストもカラーコーディネーターと仕事内容は同じです)

「色」を扱う主な仕事
ファッション関係
テキスタイルデザイン、プリントデザイン、スタイリングデザイン、ファッション情報収集、市場調査
インテリア関係
家具デザイン、テキスタイルデザイン、プリントデザイン等インテリア製品デザイン。インテリアコーディネーター
工業関連
自動車カラー計画セクション、ペイントメーカーカラー研究セクション
独立系
パーソナルカラーアドバイザー、カラー教育専門学校講師 、カラリスト、カラーセラピスト

色は、物理学、化学、光学、心理学、色彩学、生理学、工学、デザイン、美術、教育など、非常に広い範囲の職種に活用されます。
上記にあげた職種には、色の知識のみではなく、もちろんその商品のデザイン業務一般に必要な能力が必須となります。

 

ページトップへ▲

どんな人が向いてるの?

色彩に関する専門知識や美的センスはもちろん、人々を納得させられる、しっかりとした論理性を持っている事も大切。色彩検定は、単独よりも他の資格や専門スキルと組み合わせることで、アピール力が高まる資格のため、服飾デザイナーやインテリアコーディネーターなど、色彩の重要度が高い職業であれば、本資格を取得することで同業者との差別化を計ることができるでしょう。

ページトップへ▲

カラーコーディネーターはどんなところで活躍してるの?

洋服から、インテリアや雑貨、食品など、ありとあらゆるところに色彩は使われており、カラーコーディネーターはさまざまな職業で活躍できます。デザイン関係の就・転職はもちろん、企業内でカラーコンサルタントとして活用する事も可能。配色センスと専門知識を活かし、食料品や衣料品、住宅などの各種メーカーの商品開発、広報部で、商品や広告の制作に携わるほか、販売や営業などの接客業でもその知識は活かせるでしょう。

ページトップへ▲

カラーに関する資格にはどんなものがあるの?

【カラーコーディネーター検定(色彩検定)】
ファッションからインテリア、建築、販売等、幅広い分野での基礎知識の検定を行っています。現在、3級〜1級があり、1級検定は、ファッション系の分野、商品企画系の分野、インテリア・建築外装系の分野に細分されています。


【AFTファッション色彩技能検定】
ファッションの基礎知識と色彩を扱った色彩検定を行っており、3級〜1級があります。最近はファッションだけでなく、インテリア、環境等も含んだ内容になっています。

ページトップへ▲

資格を取るためにはどうやって学んだらいいの?

独学で受験する人もいますが、級が上がるにつれ、難易度や試験の内容も異なってきます。
スクール講座はレベルにより様々ですが、社会人向けに土日や夜間に開講していたり、通信で学べる講座もあるので、ご自分にあった学び方で確かな知識を得るのに、また、特に上級を目指す人にとってスクールを利用するのは効率的な学び方といえるでしょう。

ページトップへ▲

カラーのつく職業名をよく耳にしますが、その違いは?

【カラリスト】
一言で言うと、色彩の専門家です。
色彩技術者ともいわれ、理論だけでなく、実際に彩る人という意味になります。

【カラーコンサルタント】

一言で言うと、色彩の指導者です。
カラーコーディネーターに比べ、自分の知識を伝えながら、相手のセンスを上げるように働きかける役割になります。

【カラーアナリスト】

こちらもカラーコーディネーターとの違いがわかりずらいのですが、より分析力が高い、または外国で色彩のスキルを学んだ人に対して使われる呼び名であるといえます。

【カラーセラピスト】

色彩と心理学の関連性に基づいて、人を癒す役割の仕事です。
独立も目指すことはできますが、非常に難易度の高い職種といえます。

ページトップへ▲